« May 2011 | Main | July 2011 »

2011.06.21

荻窪で脳内を革命することはできたか、もしくは御来場多謝。

遅ればせながら「荻窪脳内革命」無事終了いたしました。雨の中挫けずに足をお運びくださったみなさま、共演者・スタッフのみなさま、いつもありがとうのサポートのたむさん&がるくらさん(けんけんは今回残念ながら不参加だったのです。ファンのみなさまごめんね)、そして何よりオーガナイザーのギドーさん、本当にありがとうございました。今回のイベントに何故僕を呼んでくださったのかは未だに謎も残りますが(笑)、お声をかけて頂けるということは本当に嬉しいことなのです。


フライヤーにも銘打たれていた通りのまさしく「異種格闘技戦」なライヴでしたが、そんな中で敢えて僕がうたわせてもらう意味って何だろう? ということはオファーを頂いた時から考えておりまして、その答えはちらりとフライヤーにも表明させてもらっていたんですよね、実は。LGBTイベントであろうとなかろうと、同じスタンスでうたおう、ということ。
看板にLGBT云々と謳われていないイベントにおいて、僕は「自身のセクシュアリティに立脚した」音楽をやってるんですよ、とわざわざ書き記したのは、実は今回が初なのです。殆どの人にはどーでもいい、気がつかない程度の情報だとは思いつつも、それが自分の音楽に対しても、声をかけてくれたギドーさんにも、誠実に向き合うことだと思ったので。選曲も、そういう意味合いを考慮して、わかりやすい曲を選んでみたつもりです。


アコギ+カホン+ヴォーカル、という編成も実は今回が初でして。試行錯誤具合がばっちり仕上がりに表れていた部分もあったかと思いますが(汗)、これはこれでひとつの方向性としてアリだな、という発見もたくさんありました。反対に、けんけんの音の存在感を痛感させられた部分も大いにあったしね。共倒れフルメンバーでまたライヴができるのが余計楽しみにもなりました。


久々に超アウェイな雰囲気での本番を迎えましたが(普段わたしのお客さんには殆どいない体型の方々が多くて多くてwww)、終わってみれば思ったより温かく迎え入れて頂けたような気がしております。他の出演者の方々の演奏も全て聴かせて頂きましたが、自分にはないもの、自分にしかないもの、これからの自分に必要なもの……等々、いろいろと考えながら拝聴していたので、なんだかあまり冷静に聴けなかったかも。みんなが求めている(のかもしれない)ものは、僕はそれほど好みではないかな、ということに気がついてしまった場面も実は少しだけあったりもして。それでもとんちピクルス氏の「小芝居」のズルさには無条件降伏(≒幸福)でしたw


本人公認非公式音源「空 CD-R #2」の配布も行なわせて頂きました。aktaでの「祈りのうた」のライヴ音源を収録した1曲のみのCDだったのですが、受け取ってくださったみなさまが続々と「祈りのぶた」に募金してくださいまして、予想を遥かに上回る、総額10207円の募金が集まりました。早速昨日「Think the Earth基金」へ寄付させて頂きました。ご協力頂いたみなさま、ありがとうございました!

Dsc_0087_2

尚、「空 CD-R #2」は若干切ないことに、在庫がまだございます(苦笑)。今後も何かの折に、ご希望の方へお渡ししたいと思いますので、その節はお手近の震災支援募金にご協力頂けたなら幸いです。


次回のライヴまでは、少しお時間をいただいてしまう予定です。またどこかでお目に・お耳にかかれますことを、僕も楽しみにしております。御来場頂いたみなさま、是非ご感想をお聞かせくださいね。


■SET LIST
01. ソラニワ
02. 咎 人
03. 誰のせいでもない雨が(中島みゆき)
04. beautiful
05. 凪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.06.18

本領は発揮しておきました。

やっぱ「team 共倒れ」団長を名乗る(?)なら、こうでなくっちゃねー。昨日へろへろの仕事を終えて某ドトールで一服中、襲いかかってくる頭痛と吐き気。今日に向けての宿題てんこ盛りながらも最早それどころではなく、そのまま直帰→夕飯も食べずにベッドへ直行→朝5時起き。たぶん、復活、してるんじゃないかなー。
でもおかげさまで、夜中にだらだらやるより、朝の方が仕事捗るねー。あっという間にCDも焼き上がって準備万端でございます。あとは今日やる曲の歌詞をアタマに叩き込むのみ!


え?
CD?
そうなのです。CD。
「そらてん」開催時に満を持して無料配布した割にはリアクションの少なかったw、本人公認非公式音源「空 CD-R #2」、本日枚数限定配布いたします。今回も手作り感満載、ライヴ音源そのまま録って出し、無添加無着色無加工のオーガニックな感じ(そうでもないかも)の仕上がりです。
で、もしもよろしかったら、これを受け取ってくださる方に、CD代金の代わりに募金箱へのご協力を頂けたら、と考えております。集まった募金は前回同様、全額「Think the Earth基金」へ寄付予定です。


次回ライヴはしばらく先になってしまいそうな感じですので、もしもご都合よろしければ是非、荻窪にてお待ち申し上げております。とんちさんとの5年振りの対バンですし!


荻窪脳内革命
■DATE
2011/6/18(sat)open 18:45/start 19:15
■PLACE
荻窪・Rooster NorthSide
■PRICE
前売 ¥2,500/当日 ¥2,800(いずれも1drink別)
■CAST
ハンサム判治(ハンサム兄弟、ex.デブパレード)
とんちピクルス
KYK&Y
sola
(順不同)
■予約・問い合わせ
nounaikakumei2011@yahoo.co.jp

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.06.10

わたしは文字だけ。

4月に開催した「僕らが奏でる祈りのうた」で集まった募金について、aktaで毎月発行しているフリーペーパー6月号に掲載して頂きました。ジャンジさんありがとうございます! aktaなどで配布されていますが、遠方の方はこちらでもご覧いただけますよー。なんと出演者を差し置いて「祈りのぶた」の写真入り!(笑)


また、今回の寄付先「Think the Earth基金」では、期間を分けてそれぞれ異なる団体への寄付を実施しています。このライヴで集まった募金がどのように使われたかにつきましては、こちらの収支報告でご確認いただけます。是非ご覧ください。


気がつけば来週が次のライヴになるわけですが(ひぃ)、表立ってチャリティとか被災地支援とか看板に掲げたイベントではないにせよ、僕としては、届けたい人に届くように、いつものようにうたうだけです。そう思って曲も選びました。特別なおもてなしはご用意できませんが、よかったらお待ちしておりますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.06.04

静かに、静かに。

昔、あなたの言うことは正論なんだけど、だからこそムカつくんだよね、って言われたことがある。結構、がつんときた。それ以来、「正義の押し売り」に必要以上に過敏になってしまった気がする。


どうしても納得のできない出来事があって、わたしとしては珍しいのだけれど、ネット上で自分なりの意見をぶつけてみた。そもそもの物事の捉え方がたぶん異なっていたせいで全く意見は相容れず、結果、相手からフォローを切られた。なんだか、寂しかった。


あの人の正しさは、たぶん間違ってはいない。けれど、他の人の正しさを許容しない正しさなんて、果たして本当に「正しい」のだろうかね。


僕が口を噤めば、あの人は気分がいいんだろうかね。


いっぱいいっぱい、本当は書きたいことがあるんだけどさ。
なんだかこれが精一杯だよ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« May 2011 | Main | July 2011 »