« March 2011 | Main | May 2011 »

2011.04.19

いつかあなたが笑える日まで。

「僕らが奏でる祈りのうた」御来場の方へお配りした僕の「ごあいさつ」文です。

このたびの東日本大震災により、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被害に遭われ、不自由な生活を余儀なくされている皆様、そのご家族、ご関係者の方々、ならびに災害復旧活動に携わられている方々に、心よりお見舞い申し上げます。

今夜、ここでこうしてあなたにお目にかかれたということは、今夜、あなたも僕もどうにか無事に生きていることの証、なのですよね。
それは決して当たり前にそこにあるものなどではなく、偶然に偶然が重なった末の、奇跡、なのですよね。
そのことを改めてまざまざと思い知らされたのが、変わりなく、そして突然に訪れたあの日、「3.11」でした。

今も尚、度重なる余震に翻弄されながらも、一日でも早い「復興」を目指して、誰に言われるまでもなく頑張り続けている人々がいます。
頑張りたくても頑張りきれずに、志半ばで力尽きてしまった人々がいます。
ライフラインの復旧がままならず、寒さに耐えきれず消えていく命の灯火を、なすすべもなく見届けていくしかない人々がいます。
思い出の場所が、人が、ものが、一瞬のうちに失われながらも、遠くからそれを嘆くことしかできない人々がいます。
そして、未だ行方すら掴めぬまま、どこかで差し伸べられる手を待ち続けているであろう人々がいます。

どんなに言葉を尽くしても、足りる筈もないほどの現実があって、ここにいる僕には到底計り知れません。

今朝も比較的大きな余震がありました。福島第一原発は終わりの見えない予断を許さぬ状況が続いています。二次災害、三次災害と呼ぶべき事態も次々と起きています。
天災と人災がいちどきに訪れて、悪い知らせばかりが耳をつんざくように届いて、紛れそうに聞こえてくるほっとする知らせは、本当に本当に小さなものにしか思えなくなっていて、この状況の中で動揺せずにいるには、よほど強靭な精神力(もしくは前向きな鈍感力?)が必要な気がしています。
「正しさ」と「正しさ」が諍いを起こしている場面にも多く出会ってしまい、正視に堪えず目を逸らしてしまうことも多くなりました。

この地震が起こる前からずっと、世界中のあちこちで痛ましい事件や悲しい出来事はいつだって起きていて、こんなときばかり「のうのうと暮らしていて申し訳ない」だなんて、どれだけ呑気で勝手な言い草だと、我ながら思います。「○秒に一人、消えていく命があります」なんてフレーズを横目に見ながら、胸を張れることなんて何ひとつしてこなかったくせにね。
右手を掲げて「被災地に救援物資を」と言いながら、左手で水やガソリンを買い占めてしまうのが、たぶん僕らの正体なのだろう、と気付かされた思いです。

誰も望んではいなかった方法で、忘れかけていた、忘れてはいけない大切なことをせっかく思い出したにもかかわらず、きっと僕らはまたいつか忘れてしまうのでしょう。だからせめて、あの日以来また少しずつ灯り出した僅かな光を見逃さないための、そしてもう二度と過ちを繰り返さないための楔として、今夜、うたをうたうことにしました。

勿論、たかが僕ごときが、被災地でもない東京の片隅でじたばたしたところで、被災地に住む誰かの足しになる筈もないし、自己満足でしかないのかもしれない、それは十分に理解しているからこそ、あの日以来「自分は何をすべきか」躊躇を続けていました。日本中の音楽を生業とする人々が、おそらく同じように逡巡したように。
でも、地震当日、被災地に対するあり余るほどの善意と、帰宅難民になりかけた人がいっとき縋れる場所を伝え続けていたTwitterのTLに、意図的か否かはさておき、誰かを傷つけかねない刃がちらつき始めた頃から、今、安らげる場所を求めているのは被災地の人だけではないのかもしれない、ということをぼんやりと思い始めたのです。取り急ぎ目立った不自由もなく、穏やかに暮らせている筈の他ならぬ自分自身が、今ここで、全く安らげていないことに気付いてしまったのです。

非力にも程がある自分だもんで、僕にはひとりで届けられるお金も物資もマンパワーもありません。でも、もしも今、僕と同じような息苦しさを感じている人が他にもいるならば。そんな人たちに向けて、もしも僕らの言葉とうたでできることがあるならば。そして、ここにお集まり頂いたみなさまの力をお借りして、いくばくかの支援を被災された方へ届けることができるならば。
ささやかな力かもしれませんが、これが何かの始まりで、誰かにとっての安らぎに繋がるひとときとなりますように。

本日、お忙しい中足をお運びくださったこと、あなたが生きていてくださったこと、心より御礼申し上げます。
遠く沖縄の地からわざわざこの日のために上京してくださり、出演して頂けることになったSHINTARO MIYAGIさん、サポートのたむさん、aktaのスタッフのみなさま、その他様々な形でご協力頂いたみなさま、いつもお世話になっておりますT・K氏、そして、今もなお音楽に耳を傾けるどころではない日々をお過ごしになられている方々へ。

かたちにならぬものと、祈りをこめて。

2011.4.16.
sola

この日のイベントが、情報サイト「g-lad xx」にて「ゲイシーンから被災者への支援に関する情報」として掲載されていた、ということを今頃になって知りました。ありがとうございます。ただでさえ打ちのめされるような状況の中、少数者であること、人に言えない悩みや病気を抱えていること、命に関わる薬を必要としていること、等で流される涙が少しでも少なくあることを、これからも祈り続けたいと思います。


「凪」

もしもそこが 暗闇なら 私はただ 手を伸べよう
何も持たぬ 掌でも 温もりなら ここにあるよ、と

もしもそこが 静寂なら 私はただ 呼吸をしよう
一秒ずつ 打ち続ける 胸のリズム 響かせよう

  その他に 与え得るものなど 何もない 私ですから

凪いでくれ凪いでくれと 両の手を合わせて祈る
もうこれ以上悲しいことは 起きないでくれとただ祈る


たかが私に できることは たかが知れた よしなしごと
誰の足しに なるとも知れぬ 小さな声 小さな熱

  けど、その他に 与え得るものなど 何もない 私ですから

凪いでくれ凪いでくれと 両の手を合わせて祈る
もうこれ以上荒ぶる波が 寄せないでくれとただ祈る


  あなたに 与え得るものなど 何もない 私だけれど
  祈ること ただ祈ることだけ 何度でも 繰り返すから


凪いでくれ凪いでくれと 両の手を合わせて祈る
もうこれ以上悲しいことは 起きないでくれとただ祈る

凪いでくれ凪いでくれと 両の手を合わせて歌う
いつかあなたが笑える日まで 死なないでくれとただ歌う

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.18

名もなきうた(とお金)よ、君に届け。

Dsc_00572

本日無事入金完了しました!
たとえほんの些細なことでも、被災された方の力になりますように。


因みに、画像の貯金箱は今回の募金を集めてくれた「祈りのぶた」ですw
これ、実はラルフローレンの貯金箱なんですよー。ぶたなのにw

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.17

「僕らが奏でる祈りのうた」御来場多謝。

「僕らが奏でる祈りのうた」@community center akta、無事終了いたしました。急遽決まった上にろくに告知もできなかった中、足を運んでくださったみなさま、わざわざ沖縄から(!)歌いに駆けつけてくださったSHINTARO MIYAGIさん、急なお願いにもかかわらずサポートを引き受けてくれたたむさん@team 共倒れ、そして今回の企画を快諾してくださったジャンジさん他aktaスタッフのみなさま、本当にどうもありがとうございました。
リハに向かう直前、うっかりカッターで左手の人差し指をスライスしてしまう、という流血の惨事に見舞われたわたしでありましたが、どーにかこーにか痛みを堪えて最後までうたい終えることができました。


結論から言えば、やってよかったです。今回のライヴ。本当にいろんなことを考えながらやっとの思いで開催を決めたわけですが、このライヴをやらなかったら出会わなかった人、思いもよらなかったこと、改めて気付けたこと、これからの宿題、たくさんたくさんあったので。


節電に配慮しての生音アンプラグドライヴでお届けしたのですが、ジャンジさんの計らいで照明も落として、テーブルの上にはキャンドルを置き、「緊急地震速報が鳴ったらいちばん近くの人が速やかに吹き消すこと」というルールのもとで(笑)ライヴは幕を開けました。朝方に大きめの余震があったばかりなので、本気で心配もしていましたが、何事もなくライヴが終えられたのはひと安心でした。


初共演のSHINTARO MIYAGIさんとの出会いも貴重なものでした。正直かつ朴訥とした人柄がよく表れたパフォーマンスとMCが微笑ましくて、気がつけば聴きながら心の奥から嬉しい想いが湧き出てくるようでした。
貴重といえば、急遽その場で決まったたむさんソロパフォーマンス! お客さんの飛び入りゲストもアリで、一気に会場の雰囲気が和みましたね。BEGINには本当に名曲が多いねえ!


個人的には2011年うたい初め&10周年ラストライヴということもあったし、初めて「チャリティ」を看板に掲げたライヴだったこともあったので、自分が気負い過ぎないように、そして楽しんでうたえるように心がけていました。この日のライヴに対する自分の所信表明のようなものは、当日配布した「ごあいさつ」に予め書かせてもらったのですが、音楽に耳を傾けられる人には安らぎを、まだ音楽どころではない人には支援を、微力ながら届けることができたならいいな、と願っています。


この日集まった募金の総額は、24136円となりました。かつて持ったことのない重みのある、24136円です。こちらは週明けに全額「Think the Earth基金」へ寄付させて頂きます。振り込みが完了しましたらまたこちらでご報告したいと思います。


このライヴが終わったことで満足してしまわずに、「僕らが奏でる祈りのうた」はできれば今後も継続して開催したいと考えています。よろしければまた、足を運んでやってくださると嬉しいです。
本当にどうもありがとうございました。


■SET LIST

<第一部>
01. ララバイ
02. さくら さくら
03. 朧月夜
04. 僕の胸でおやすみ(かぐや姫)
05. beautiful

 ~SHINTARO MIYAGIさんライヴ~
 ~たむさんライヴ~

<第二部>
06. ソラニワ
07. その時生まれたもの(BEGIN)
08. 時代(中島みゆき)
09. 祈りのうた
10. 凪

658518_1086117738_131large
(photo by 風太郎)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.16

流血ライヴ。

出かける直前にカッターで指切って大流血中……(泣)。

というわけで、本日です。
お時間の許す方、ご来場お待ち申し上げております!

★pray and sing for 3.11「僕らが奏でる祈りのうた」
■DATE
2011/4/16(sat)18:00~20:00
■PLACE
新宿・community center akta
■PRICE
入場無料
※当日会場に東日本大震災被災者支援のための募金箱を設置いたします。
※集まった募金は東日本大地震 「Think the Earth基金」に全額寄付予定です。
■CAST
sola/SHINTARO MIYAGI/and more

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.10

「僕らが奏でる祈りのうた」詳細決定。

あっという間に決めたので、あっという間に今週末開催です。


★pray and sing for 3.11「僕らが奏でる祈りのうた」
■DATE
2011/4/16(sat)18:00~20:00
■PLACE
新宿・community center akta
■PRICE
入場無料
※当日会場に東日本大震災被災者支援のための募金箱を設置いたします。
■CAST
sola/SHINTARO MIYAGI/and more


当日はマイクなしPAなしの、節電アンプラグドスタイルでお届け予定です。そして、つい最近お知り合いになった、初共演のSHINTARO MIYAGIさんがなんと沖縄から(!)出演してくださいます。それだけでも貴重なライヴになること間違いなし。


尚、集まった募金は東日本大地震 「Think the Earth基金」に全額寄付予定です。いま行なわれている募金の大半が日本赤十字社へのもので、自分も実際に募金を行なわせていただきましたが、被災地の人々に直接行き渡るまでにはまだまだ時間を要しそうな気配です。そのため、今回のライヴでは少し違う視点から、実際に災害現場で活動する複数のNGO/NPOの方々へ迅速に寄付を行なうことで、「しっかりした活動を行っている中堅の団体にも活動資金がまわるようにしたい」という基金の主旨に賛同しまして、そしてそれが被災者の方への迅速な支援に繋がるひとつの方法であると考え、こちらへの寄付を行なうこととしました。


以上、ご理解ご協力のほど、どうぞよろしくお願い致します。尚、飛び入り参加も歓迎ですので、お気軽にご相談ご連絡お待ちしております。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.03

僕らは祈りのうたを奏でられるか。

昨日はワルダクミ★メガネーズ presents 展覧会「桜華の宴」を観にaktaへ、本日はつい先ほどまで超久しぶりの「Living Together Lounge」を観にArcHへ、と重い腰を上げて頑張って二丁目三昧してまいりました。
aktaはいつ行っても若々しい方々だらけで疎外感たっぷりなのですが(笑)まだ花見に出向けていない自分にも春の訪れを感じさせてくれる、小品が並んだ街角の雑貨店のような佇まいの愛らしい作品たちでありました。
「Living Together Lounge」は途中からしか参加できなかったのですが、朗読されたHiroさん、ライヴ出演のIL ponteの皆さんともども、とても人柄の伝わってくる温かいひとときをくれました。「小さいかもしれないけれど、僕や僕のお店が誰かにとっての太陽であれたら」と誠実に語るIL ponteのToshiさん(「Base」というゲイバーのマスター)の言葉は、うん、二丁目ってホント捨てたもんじゃない、と改めて思わせてもくれたり。飲みに全く出かけない僕が言うのも説得力ないんだけどね。


この週末、突然足繁く二丁目に通っていたのは理由がありまして。
えーと。
やります。
チャリティライヴ。
まだ開演時間は検討中ですが、次の次の土曜日、4/16の夜、新宿二丁目のcommunity center aktaで、うたわせていただけることになりました。入場無料、当日会場に東日本大震災被災者支援のための募金箱を置く予定です。ここに至るまではいろんな意味での試行錯誤がありましたが、あれこれと相談に乗って頂いたみなさま、どうもありがとうございます。


ライヴのタイトルは「僕らが奏でる祈りのうた」といいます。僭越ながら、僕の「祈りのうた」の歌詞から取りました。これが何かの始まりで、誰かにとっての安らぎに繋がるひとときとなるように、2011年のうたい初めを果たしたいと思っておりますので、急なお知らせではありますが、よろしかったら足をお運びくださいませ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2011 | Main | May 2011 »