« まっくら森は心の迷路。 | Main | 高円寺でお会いしました。 »

2011.02.04

呟いてる間に足を運べ。

今日はばしばし更新しちゃうよー。というわけでお次は映画の話。先週・今週と連続で映画館に足を運んでまいりました。「9月11日」を含めて今年これで3本め。僕にしてみればいつになくハイペース。
先週観てきたのは「たまの映画」@テアトル新宿。

News_large_tamanoeiga

あの、「さよなら人類」の、「着いたーっ」の、「たま」の映画、です。大好きな「満月小唄」を元ネタに1曲書き上げてしまった(笑)わたしには、それなりに思い入れのあるバンドでした。たま。しかも昔僕が働いていた某テーマパークのイメージソングも歌ってたんだよ。当時は一日中それが流れていたせいで若干食傷気味にもなりましたが(笑)。


「たまの映画」というタイトルに反して、「たま」についての映画、ではありませんでした。元「たま」のメンバーだった人々のその後にひたすらフォーカスを当てた、過去が過去であること、現在が現在であること、をまざまざと見せつけるような、ノスタルジーの入る隙もない、残酷なまでに「いま」な映画でした。映画の出来不出来という意味ではなく、ああ、やっぱり「たま」はもういないんだなあ、みたいな。だから当然と言えば当然なのですが、「たま」を途中で脱退した柳原さんは、予想通り映画には出演していませんでした。過去の映像すらひとつも流れませんでした。


とはいえ、映画の中で鳴らされる音楽はどれも素敵でした。特にパスカルズの多幸感とleteでの滝本さんの佇まい、そしてラストを飾る知久さんの歌声が今でも心に残っています。僕が映画を観た数日後、とんちピクルスさんがleteでライヴをしたのですが、本当に素敵な空間だったので、できればここで聴きたかったなー。
そして最後のクレジットに「撮影協力:Next Sunday」の文字が! えっ! どこの場面がそうだったんだろう?? 今度阿佐ヶ谷に行ったときに訊いてみようっと。(と思ってたのに一昨日久々に足を運んだにもかかわらず訊きそびれた。。。泣)


そして昨日、二月三日、節分。もうこれで三度めになる「ライブテープ」@吉祥寺バウスシアター。
毎年正月の恒例行事としてどっかで上映してほしいくらいの映画なわけですが、またまたバウスで凱旋上映してくれたのは本当に嬉しい出来事です。このひとときだけでも正月気分で、なんて思いつつ映画を観始めれば、始まってすぐ「豆腐」が流れる場面で「二月三日節分会」の文字が! 今日じゃん!(笑) というわけで、これは「正月映画」でなく「節分映画」なのだ、と、自分に言い聞かせながら観ることで、おかげさまでより臨場感がわきました(笑)。


わたしは散々、今まで日記でもTwitterでもこの映画と前野健太のことを、知らない人にはウザいくらいに宣伝し続けてきましたが(笑)、本当に素晴らしい映画なので、本当はDVDになってほしいのです。できればいつでも家でも観たいし、多くの人の目に留まってもほしいのです。でもこうやって劇場(できればバウス)のスクリーンで観るという体験を、「わざわざ」することがこの映画をいちばん正しく観る方法なんだろうな、とも思うのです。勿論、それはどんな映画でもそうなのだろうけど。
この日は初のシアター3での上映ということで発見も多々ありました。特に音響チームの細やかな仕事ぶりは本当に素晴らしいの一言。ただの同録でないことは一聴瞭然だけれど、街のノイズとヴォーカルと楽器とのバランスは「当たり前に奇跡的」。


前野健太さんはもうすぐニューアルバム「ファックミー」がリリースされます。

3rd_big

アルバム発売日の2/6には、新宿と高円寺のヴィレッジヴァンガード2店舗を移動しながら開催されるという、前代未聞(?)のインストアライヴがあります。そして、「ライブテープ」の松江監督によるライヴDVD、その名も「DV」もリリースされます。2日に配信限定でリリースされた「花のように 鳥のように」は、配信ジャケットをなんとmagcafe at gardenのkiroさんがレイアウトしてます。

20110202025303

わたしがここまでプッシュする前野健太とはナニモノか、ご興味を抱いてくださった方は是非、2/6に新宿でお会いしましょう☆

|

« まっくら森は心の迷路。 | Main | 高円寺でお会いしました。 »

Comments

はじめまして。
Next Sundayさんは撮影させていただきましたが、使用していないんです。申し訳ないです。2009.8.14に撮影した気がします。

Posted by: 今泉力哉 | 2011.02.06 03:55 PM

はじめまして。
監督自らコメントを戴けるなんてなんだか恐縮です(汗)。
Next Sundayはそういうことだったんですね。
見逃したかと思って記憶を散々反芻してしまいました(笑)。
それにしても、メンバーの方々がとてもリアルに映されていて、
見応えのある映画でした。どうもありがとうございました!

Posted by: sola | 2011.02.10 06:14 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 呟いてる間に足を運べ。:

« まっくら森は心の迷路。 | Main | 高円寺でお会いしました。 »