« 謹賀新年2011。 | Main | 確かに本水、間違いなく本水。 »

2011.01.11

それでも足を運ぶのだ。

超久々に土日連休のシフトになりまして、さーて今度こそ帰省するぞー、と意気込んで爆睡(なんだそれ)していた土曜日の朝、わたしの目を覚まさせてくれたのは「同僚インフルに倒れる」の報でした。シフトの穴埋めで日曜日は見事出勤。帰省中止。連休も幻。新年早々こんなオチ。ま、去年わたしはノロで同じことやらかしてるからね、文句は言えまい。でもココでなら愚痴ってもいいよね。本当は帰りたかったんだよーーーーーッ。


というわけで、まだ2011年になってから2日間しか休んでいない、働き者のソラさんでございます。メールのレスやら日記のレスやらもろもろのご連絡やら、順番にこなしているつもりでいるのですが、追いついていないのはそんな理由です。
だと言うのに、こんな時期を狙い撃ちするかのように、周りの方々がライヴやら芝居やらの本番ラッシュを迎えておりまして、どーにかこーにか隙間を狙って二つだけ足を運んでまいりました。お伺いできなかったみなみなさま、念だけは送っておりましたのでお許しくだされ。


■JACROW「冬に舞う蚊(モスキート)」@サンモールスタジオ
Stage18281_1
前回の「リグラー」を観てあまりにも衝撃を受け、待ちに待ちに待ちに待った新作を、夜勤明け一睡もせずに観てまいりました。眠りに落ちるヒマもゆとりも与えてくれないほどの、なんとも言えない圧迫感と威圧感、そして息苦しさを与えてくれる芝居でした。


作・演出の方は実際にサラリーマンをされている方らしく、状況設定も台詞運びのひとつひとつも話の流れも、なるほどのリアリティ。もう1シーン2シーン話の行方を追いたいぞ、というところで幕が下りるので、若干の消化不良というか物足りなさもありましたが、そこは狙いでもあるのでしょう。
小劇場での芝居としては結構な人数のキャストが出演しているように思うのですが、ひとりとして「とりあえず」な役も役者もいないのが素晴らしかったです。意外と多いからね、ああ、この役、ちょっと強引に当てはめたのかなあ、的なの。


前作同様、どうしても前職を退職するときの自分のことを思い出してしまい、おそらくあまり冷静には観られていない自覚があるのですが、あの状況下で「会社を辞める」という選択肢をとらずに、違う形でのドロップアウトを選んでしまう、というところが、世間一般ではきっと「やむを得ない」のだ、と思うと、なんとも言えない気分です。さっさと会社を見捨てることのできる自分でよかった。根性なしと呼ばれようが、社会人失格と呼ばれようが、人間失格よりはまし。


■鹿嶋敏行@Lasah
実は「ソラニワ」のときは舞台裏からしか聴けずじまいだったので、この日が純然たる観客デビューだったのでした。というわけで、新年早々念願が叶った鹿嶋さんライヴだったわけですが、いやもう最初から最後まで鹿嶋マジック炸裂で、堪能・満喫でありました。
スタンダードナンバーに造詣が深くない、音楽を知らないわたくしなので、知っている曲は決して多くはなかったのですが(わっはっは)、鹿嶋さんが実に楽しそうに、ふわふわと、それでいて凛然とうたわれるので、Lasahのお茶と、お店やお客さんの醸し出す空気と、この日開催されていたYosukeくんの個展に飾られたイラストも相まって、本当に心地よいひとときを過ごさせて頂きました。
いやー、うたう人によってこんなにもお上品なライヴになるのねー、と、先月の「そらさんいんらさ」を思い出しつつ反省もしたりして(笑)。


ギターのサポートで参加されていた久保田さんは、実はわたしがちょこっと気に入っていたバンドのギタリストさんでもあり(そういえばそのことを当日お話するのを忘れておりました……残念)。この方もなんともいえないほんわかした佇まいのお方で、それでいてギターがまた素晴らしく上手くて、ただただ聴き惚れてました。
曲を歌い出すときに、鹿嶋さんと久保田さんとアイコンタクトを取るのですが、そのときの鹿嶋さんがまぁなんとも言えないチャーミングな仕草をするのですよ。雛鳥が親鳥に餌をせがむような、もっと言えばキスを待っている瞬間のような。で、イントロが始まるとそれが溶け出すかのように笑顔になるのですね。ああ、この人は本当に音楽を、久保田さんのギターを、愛しているんだろうなあ、と思わずにいられない、素敵なシーンでありました。
「谷間に三つの鐘が鳴る」と「蘇州夜曲」が特によかったな。


ライヴ終了後、この日の仕事で若干腰を傷めていたわたしを、主賓自ら(まさしく)手当てしてくださったり、
104121_942849130_128large
二子玉川と言えばコレ!という(?)、念願の鮎ラーメンを食したり、
Dsc_0057
いやはや、本当に行った甲斐のある一晩でありました。(メインはどれだよ

|

« 謹賀新年2011。 | Main | 確かに本水、間違いなく本水。 »

Comments

鮎ラーメンなかなか豪快な一品ですね。
スープのダシはなにからとっているのかな?

Posted by: のり | 2011.01.13 05:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference それでも足を運ぶのだ。:

« 謹賀新年2011。 | Main | 確かに本水、間違いなく本水。 »