« January 2010 | Main | March 2010 »

2010.02.26

ナンバーワンにならなくてもいいって言ったじゃん。

フィギュア、素晴らしかったねー。ちょうど仕事の休憩時間に重なって、リアルタイムで全部観ましたよ。
日本勢男女ともに全員入賞ってもっと賞賛されるべき快挙じゃないの? 真央ちゃん銀メダルは確かに惜しい結果だったかもしれないけど、そんなに「金に届かず無念」みたいな論調で語らなくていいんじゃないの? ナンバーワンよりオンリーワン、なんてうたがあれだけ流行ったくせに、こういうときだけナンバーワンしか認めないんじゃ全然意味ないじゃん。
鈴木明子なんて結果は8位だったかもしれないけどさ、あんなに「滑れて嬉しい!!」が溢れてる演技観せられたら、こっちまでなんだか無条件に笑顔になってくるじゃないのさ(それ以前に鈴木明子が非常にいいキャラであるという付加価値もあるがw)。


さて、すっかり時期外れになってしまいましたが、「土曜日の服部君」@NEXT SUNDAY、滑り込みで行ってまいりました。チケットを取り置きしておいてもらったFOMALHAUTの本番が終わった直後に、会場に辿り着くという絶妙な(?)タイミングとなってしまい、関係者のみなみなさま、申し訳なかったっす。でもゆず茶にありつけたことと(ずっと品切れでやっと入荷したんですと)、トリの藤井周くんが聴けたことで、この日のモトは十分に取れました。
何かのっぴきならないものを抱えているように思えてならない彼のうた。今、僕が知る限りいちばん吸引力と説得力のあるヴォーカリストです。やっぱ命を削ってる人には敵わないよ。楽しいのも音楽かもしれないけどさ、血や汗や涙が通っててナンボだよ。


気がつけばみゆきさんご生誕記念日も過ぎ、2月も残り2日ではないですか。確定申告の準備も、前職の退職金事後処理も、未だ終わってないですよ。
と「退職」って書いた今、気がついた。
もうすぐ、うつうつ一周年なんだ。
一年、どうにか無事に生きてこられて、おめでとう自分。お疲れ様、自分。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.02.18

僕らをつなぐもの。

そういえば昔から、似たようなことは何度もあったのです。全く関連のないルートで知り合った僕の友人AさんとBさんが、実は別ルートでオトモダチだった、的なことが。ま、ある意味「狭い」ゲイコミュニティ内では日常茶飯事だったりもしますが、僕の場合はノンケさんの間でこのテの展開が多いのですよね、何故か。怖い怖い。マジで。


んでもって、その中でも最大級のびっくりが今日、あったのでありました。場所は前回の日記でもご紹介した、悠さんの個展会場でもあるLasah@二子玉川。ネタてんこもりでくたくたの夜勤明けの寝ぼけ眼でTwitterしていたところ、「今日来たらお手製パンプディングあるよー」との悠さんからの呟きに釣られ、お腹が空いていたわたくし、二つ返事で帰り道に途中下車しまして、いそいそとパンプディングを食べに、もとい、お茶を飲みに向かったわけです。そんなわたしをLasahで迎えてくれたのは、悠さんとお店のスタッフの方々、と悠さんのオトモダチと思しき女子1名。
悠さん曰く、「こちら、僕の昔の職場の同僚のあーたらさん」
ん? あーたらさん? どっかで聞き覚えのある苗字じゃね? ていうかどっかで見覚えのあるお顔じゃね?


……………わたしの某テーマパーク時代の後輩でありました。


辞めて以来、連絡先すら知らずにお目にかかることもなく10年、どーして今日ココで再会してるの我々。当然ながら僕の本名しか知らない彼女は、みんなが僕のことを「ソラさん」と呼んでいること自体明らかに戸惑ってるし。ていうか呼ばれてる僕自身ちょいと恥ずかしかったし。(自業自得w
悠さんたちもあまりの展開に大騒ぎ。おかげさまで予想だにしない盛り上がりを見せつつ、まったりティータイムを過ごさせて頂いたのでありました。もちろんお茶もお菓子も、そしてパンプディングも大堪能。限定発売のロバマグもゲットして、あたしゃ二週連続しあわせもんだよ。


バディ編集部時代を除いて、今までの仕事絡みのお付き合いの中では、カミングアウトを全くしてこなかったので、彼女は「なんで悠さんとソラさんがココで?」と若干不思議そうでしたが、洗いざらい喋っちゃうと時間が足りなくなっちゃいそうで、せっかく連絡先も交換したことだし、小出しにすることにしてみました(?)。
それにしても、縁って続いていくものだねえ。
人生って捨てたもんじゃない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.02.13

2という数字にまつわるあれこれ。

このところ友人・知人の個展が続々とありまして、どれもこれも行きたいものばかりで皆勤賞を狙っていたのですが、どうしてもどうしてもシフトが合わずにBUTAO氏の写真展をやむなく断念。うがー。元職場の先輩も参加している貴重な機会だったのだがなー。終了日を一日勘違いしてたんだよなー(なんか前にもあったなこんなん)。ごめんよーBUTAOちゃん。
これに懲りまして、情報を仕入れ次第なるはやで足を運んでおこう、と、人生30数年目にして漸く学びまして(遅過ぎ)、くま絵師・悠さんの個展「Tea for Two」と、お馴染み風太郎くんの写真展「ふたり」に、それぞれ行ってまいりました。


悠さんとは(ほぼ)初対面だったのですが、実は去年の「GLAP」に御来場頂いておりまして、なんとライヴを観ながら出演者のイラストをさらさらと描いていたのだそうです。「くま絵師」の名の通り、どんなヒトもくま化して描いてくれるわけですが、さすがにソラさんはムリだろ、と思っていたらアナタ!
Glap09report_v1sola
team 共倒れメンバー全員揃ってくま化ですよ!
ほらソコ、本人よりこっちの方がカワイイとか言わない!
しかも悠さん、「かねてからソラさんのライヴを聴いてみたかった」なんていう、今まで聞いたことのないようなご意見まで寄せてくれたのでありました。これはもう、間違いなくいいヒトです(笑)。


というわけで、お礼も兼ねて夜勤明けに個展会場の二子玉川「Lasah」まで。ココがですねー、お茶好きオーガニック好きのワタシのツボに入りまくりで。次から次へとお茶やお茶菓子が運ばれてきまして、さながらわんこそば大会のよう(←喩えが失礼)。どれもこれも美味しくて、満足満腹至福のひととき。悠さんに再びさらさらとその場でイラストまで描いて頂いてしまいまして、うっかり飾られていたイラストを観ずに帰るところでした(笑)。
店内にはレインボーフラッグまで飾ってあるLGBTフレンドリーなお店ですので、未見の方、お近くの方、お茶好きな方、是非一度足を運んでみてくださいまし。因みに、当日描いてもらったイラストはこちらでーす↓
Sn3j0028


日付変わって本日は、風太郎くん写真展@高円寺へ。みぞれまじりの雨の中、そういえば初めてかもと思うくらいに、じっくり彼の写真を堪能させて頂きました。今まで、何らかのイベントが並行して行なわれていることが殆どで、写真だけをみっちり拝見する機会ってなかなかなかったからね。
あれだけ「ひとりぽっち」ということばに拘っていた彼が、「ふたり」というタイトルで個展を開いたことに、なんだかわけもなく感慨深くなってしまうワタシなのでありますが、これからももっともっと、「人と人の間にあるもの」を切り取っていってほしいなあ、と思いつつ帰途についたのでありました。どんどん、いい写真を撮る人になっているような気がします。エラそうですが。


いろんなところで、いろんなひとが、いろんなかたちで、頑張ってます。そういう些細なことで、力って湧いてくるんだよね。粗探しするのはカンタンだけど、もっと「よかった探し」に力を注ぎたいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.02.03

雪の中でないた。

とんちピクルス@杉並公会堂に行ってまいりました。
こんなにあたたかい気持ちにさせてくれる「コンサート」を聴いたのは、もしかしたら初めてかもしれないと思うくらいに、素晴らしい一夜でした。「よかったよ」なんていうカンタンなことばで片付けたくないのですが、今の気持ちに足ることばが見つからないのがなんとも口惜しい限り。
とにかく、賑やかなうたも切ないうたも、弾き語りのうたもラップのうたも、全てが揺るぎない「とんちピクルスの世界」を築き上げていて、すげえなあ、やっぱかなわねえなあ、という、清々しいほどの敗北感。だからこそ、自分も頑張らなくちゃと思わせてもらえたしね。


ゲストの方々との豪華セッションも本当によかった。
スカンク兄弟との共演で演奏された「夢の中でないた」は、わたしがカバーしたのをお詫びしたくなる程(笑)に素晴らしかったし(カホンを叩いていたのはあのケンタロウ氏なのですね!似てると思った!w)、高木友紀さんとの「遠くでひばりもないている」は号泣モノでありました。今までにも何度か彼女のヴォーカルを聴いたことがあった筈なのですが、なんで今まで気付かなかったんだろうというくらい、グッとくる歌声で。CD買います。マジで。


そんなわけで、一晩経った今でも興奮醒めやらぬわたくしなのであります。こんな気分になる音楽を聴かせてもらえて、本当によかった。あたしゃ幸せ者だよ。
とんちさん、ゲストのみなさん、そして今回のオーガナイザーのじーでーさん、みなさん本当にお疲れ様でした&ありがとうございました。
コンサートの時間に合わせて雪が降るなんて、憎い演出じゃありませんか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2010 | Main | March 2010 »