« ダイヤル117。 | Main | どんなときもどんなときもどんなときも。 »

2009.04.25

おかえり、ただいま。

というわけで、あと数日で僕の束の間のロングバケイションも終わりを告げるわけですが、うつ寸前だった自分のココロのリハビリという意味だけでなく、この時期にこうして思いのままに時間を過ごせたことで、たくさんの発見や出会いがあったなあ、と心の底からそう思います。そういう意味では、むしろうつに感謝してたりもして。
勿論、そんな余裕もなく日々「病」と「闘」っている人もたくさんいるわけで、うつに感謝だなんて軽々しく口にするのは不謹慎かもしれないけれど、いつか振り返ったとき、この数ヶ月の経験を僕はきっといとおしく思うだろうな、ってね、そんな気がしているんだよ。
 
もうすぐ新しい環境に飛び込むということは、また新しい壁にぶつかる可能性だって大きくて、せっかく穏やかになってきたココロがまた揺らぐこともあるかもしれないけれど、今日まで過ごした日々と、出会えた人々と、音楽があれば、その揺れと今までより少しはうまく付き合えるんじゃないかな、なんて。
子供の頃から乗り物酔いしやすいのは相変わらずだけど、いつの間にかバスにもタクシーにも酔い止めを飲まずに乗れるようになったし、そんな感じで少しずつ、ね。
 
 
ぽつぽつと、出会いの糸を紡ぐ日々も続いております。
カケジクと(思えば数年ぶりに)ニチョベロで語りに語って8時間、とか(午後に待ち合わせて、気がついたら閉店時間だったw)。
何年か前に友達のライヴを聴きに行ったときに対バンで出演されていて、それ以来ずっと気になっていて、いつかまた聴けたらと思っていた、フチモトリョウさんのライヴに思いつきで伺ってみたり、とか。
ハンチング+メガネ+細身+自虐キャラ(笑)というところに、妙にシンパシーを感じつつ(失礼か)ライヴを堪能したにもかかわらず、緊張のあまりろくに目も合わせられず何を喋ったかもよくわからないまま、CDを買っただけでそそくさと会場を後にしたり、とか(泣)。
 
新しい仕事のこととか。
これからの活動のこととか。
CDをリリースすることとか。
次回「ソラニワ」のこととか。
音楽とセクシュアリティの関係性についてとか。
HIV啓発やLGBTコミュニティにこれからどうやって関わっていけるかとか。
このジャングルと化した僕の部屋をどうしてくれようかとか(笑)。
 
ぐるぐる、ぐるぐると、いろんなことを猛スピードで考えています。
あと数日しかないというのに、やりたいことだらけです。
 
 
 
そっか。
そういえば、ライヴをやりたいと思ってるな僕。
これを待ってたんだった。
おかえりなさい、solaくん。ただいま、solaくん。

|

« ダイヤル117。 | Main | どんなときもどんなときもどんなときも。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference おかえり、ただいま。:

« ダイヤル117。 | Main | どんなときもどんなときもどんなときも。 »