« December 2008 | Main | February 2009 »

2009.01.27

ホレたぜ完敗。

久々に遠路はるばる上京されてた某氏との邂逅も、「九州物産展2」も、「わかる@KUROさん」も、「日曜日の田中さん」も、どれもこれも果たせずじまいで終わったこの週末、でありました。お目にかかれなかったみなさま、すんません。。。またいずれ必ず。。。
 
 
仕事が相変わらず精神的にヘビーでして(残業はかなり減らすことに成功)、平日は家に帰って寝るだけ、週末は寝不足を取り戻すために寝るだけ、みたいな、おいおい結局毎日寝てるんかい、てな日々を送っております。とほほ。いやあ、前任者がころころ代わったのがよくわかる職場でありまするよ。
とりあえず「できないことを『できます』とは言わない」ことで、必要以上にストレスを抱え込まないように自衛している今日この頃。気がつけば次の本番まであと3週間もないのでね、焦らなくちゃなのですが。
 
 
それにしても「九州物産展2」!
まだまだひよっこイベント「ソラニワ」が果たせずにいるアレを!!
いともカンタンに、でもきっちりと、魅せてくださいましたですよ!!!
 
 
 
え? 何かって?
 
 
 
某所の「WANTED」にたずねびと投稿が載ってたこと、ですが何か?
 
 
 
きーーーっ、あたしがんばる!!!(何を

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.01.05

君をただ咲わせて。

日帰り帰省(正確には実家に寄ってすらいないので帰省ではない)で慌ただしく始まった、年末年始の休みも本日でおしまい。てなわけで、久々に「Living Together Lounge」にお邪魔してまいりました。
今回のライヴゲストは、九州から東京へいらっしゃいませ!のcaRcha(どうやら超ご近所に引っ越してきたらしい。今度ご飯食べようねー。←私信)。僕は彼女のうたが大好きなので、全3曲というのは物足りなくすらありましたが、その分、いつになくたっぷり時間をとって語られた真摯なMCが印象的でした。
「まず自分が笑っていれば、誰かを笑わせてあげられるかもしれない」といった主旨の話を、caRcha語(笑)とでもいうべきトークで、花に例えながらほっこりと語ってくれたのだけど、花が「咲」く、という字は、実は「わらう」とも読むんだよね。これから東京のいろんな場所でうたをうたっていくであろう彼女は、きっとたくさんの花を「咲」わせていくのかもしれないなあ、としみじみ思ったひとときでありました。
いろんな人と新年のご挨拶もできたのも嬉しかったな。
来月はいよいよSPEEDERだそうです! 楽しみ!
 
 
おかげさまで、わたくしも次回うたわせていただける場所が決まりました。バレンタインデイ、という、なかなかにハードルの高い日程ですが(笑)、もしもご都合よろしければ是非、ご来場お待ち申し上げております。
 
★カノフェス vol.4
38224203_163
■DATE
2009/2/14(sat)open 18:00 / start 18:30
■PLACE
目黒・音の箱
■PRICE
Music Charge:¥2,000(1フード・1ドリンクまたは2ドリンク制)
■CAST
カノープス/【mag】/津覇親明(CHIKATERU)/sola(順不同)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.01.02

謹賀新年2009。

新年あけましておめでとうございます。
2009年もより一層の御贔屓の程、よろしくお願い致します。
 
仕事がないのに大晦日に紅白歌合戦をリアルタイムで観なかった、というのは、実は自分にとっては珍しい出来事なのですが、ところどころワンセグで外出先から覗き見しておりました。
いやあ、まさか石川さゆりを越える絶頂顔にお目にかかれるとは思いもせず。森進一。とめどなく溢れ出る怨念。これぞまさに「天城越え」(笑)。
あと、「君をのせて」をうたった平原綾香があまりにも素晴らしくて、テルマーと生物係が(別にヘタじゃないのに)霞んじゃって可哀想でした。。。今まで平原綾香何とも思わなかったのですがコレで見直しました。うまい。
でもまあ、とりあえず今回のMVPは大橋のぞみちゃんでしょう☆
 
白組勝利、という特に興味もない結果を見届けた後、ここ数年の恒例となっているジルベスターコンサート@テレ東を鑑賞。今年はガーシュウィンの「ラプソディ・イン・ブルー」だったのですが、いやあ、やっちゃいましたねえ。ほんの1秒とはいえ、初めてカウントダウン失敗を目撃しました(笑)。今までが奇跡だったってことかもしれませんな。
 
明けて元旦は、これまた恒例の初詣@大國魂神社へ。あまりにもいいことしか書いていないせいでかえってコワいおみくじをひき、こういうところではわりと珍しい酒粕で作った甘酒を啜り、新年早々シズラーでちょっとお高い夕飯を食べて帰ってまいりました。
 
 
てな感じで、なんだか毎年同じような年末年始を過ごしているわけですが、このこと自体が実はかけがえのないものなのかもしれんね、と改めて思い直した2008-2009でありました。
間もなく年賀状印刷も終了、これからベローチェに籠って宛名書きです☆

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2008 | Main | February 2009 »