« January 2008 | Main | March 2008 »

2008.02.16

人生は、最高だったか、最悪だったか、はたまた音楽だったか。

前日までを無事に過ごしてしまうと、当日にナニかが起こるものなのねえ。というわけで、自分のライヴ終了直後から酸欠+タバコの煙にヤラれてしまい、イベント後半の記憶があまり定かでない(汗)solaでございます。一晩寝たらどうにか復活しましたが……この体質、なんとかならんかなあ。solaさんライヴの日は会場禁煙(or分煙)とかにしないとダメかなあ。
……あ、ウチのサポートメンバーは全員スモーカーだった(汗)。
 
そんなこんなで、どうにかこうにか、風太郎presents「人生は、最高で、最悪で、音楽で。」終了いたしましたー。ご来場頂いた方々、応援してくださった方々、 スタッフの方々、共演者の方々、いつもありがとうのteam 共倒れのみなさま、 本当にどうもありがとうございました!
そして主催のトラくん、お誘いありがとう&誕生日おめでとう!! コンセプト通りに客層がバラバラで、なのに不思議な温かみがあったのは、あなたの人望の為せる業だったのではないでしょうか(ヨイショ)。
 
今回、各出演者にトラくんからカバー曲のリクエストが出されていまして。
1組目のJournal 3rd passageは「アジアの純真」(PUFFY)、
(なんと当日いきなりのオファーでがる蔵氏飛び入り参加! 貴重!!)
2組目の藤本大祐くんは「Be My Last」(宇多田ヒカル)、
そして3組目のsolaさんは、松田聖子「赤いスイートピー」ハチロク・バージョンの再演でございました。
最初はみゆきさんの「空と君のあいだに」がリクエストだったのですが、「あ、それ初回の『M☆night』で演ったことあるー」なんて世間話をしているうちに、いつの間にかコレに落ち着いてしまいました。前回(2007/4)演ったときに思いのほか好評で、自分でもお気に入りな出来映えだったので、またうたえて楽しかったなー。サポートのみなさまはさぞタイヘンだったかと思いますが……(笑)。
 
イベントの大ラスには、sola的には敢えて避けてきた1曲(とは言いつつも一度だけライヴでカバーしたことはありますが)、「ファイト!」をアンコール代わりに出演者全員でうたう、という、なんとも無謀な(笑)、でも実にトラくんらしい試みが待っておりまして。直前に藤本くんに指摘されるまでうっかり気付かなかったのですが、この曲を原曲のキーでうたうと、男声としては実に微妙な音域でして、オクターブ上でうたうか下でうたうか、二人でさんざん迷っていたんですね。そして何を隠そうsolaさん、音域の狭さには定評がありまして(笑)、僕がオクターブ上でうたうということは、イベントが「ファイト!」で締め括られること以上に無謀な試みでして……。それでもなんとかやり遂げましたけど……、後で聴き返したら……相当にヤバいです……封印かも……(笑)。
 
 
そんなわけで、イベント後半ぼろぼろだったもので、共演者の方々にもろくにご挨拶もできず、打ち上げにも参加できず、そそくさと退散してしまったことは口惜しい限りであります。。。みなさまホントーにすみませぬ。
特にずっと楽しみにしていたみみずくずのライヴを、殆ど寝込みながら(汗)楽屋でしか聴けなかったのは本当に心残りです。。。でもラストの曲がめちゃめちゃよかった!
 
たくさんの人が関わっていたイベントだったので、個人的には考えさせられた出来事もいくつかあったりもしましたが、逆に考えれば、これからの課題をもらえたとも言えるのかな、なんて。そういう意味でも、参加できて嬉しかった一夜でありました。
本当に、本当に、どうもありがとう。
 
 
■SET LIST
1. 羊ヶ丘
2. ソラニワ
3. 赤いスイートピー(松田聖子)
4. 河よりも長くゆるやかに
5. beautiful

ENC. ファイト!(中島みゆき)by みみずくず featuring all cast

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.12

右手に掲げた強さと。

本番前の最後の練習を終えてまいりました。あとは本番を迎えるのみ、それが終わればしばしひと休み。練習や本番があることで辛うじて人に会っている、という、少々人として間違っている日々を送っているような気がするわたくしだもんで、今から本番が終わってしまうのが寂しくて寂しくて。や、決して歌詞がまだカンペキじゃない言い訳じゃあないんですのよ(汗)。
 
土曜日の大雪が嘘のように、日・月と気持ちよい晴天が続いたので、日曜日は自宅最寄りの駅からひと駅分、月曜日は代々木のスタジオからひと駅分、てくてくと散歩をしておりました。まだまだ冬とはいえ、3月も間近になってきているせいか、この2日間はほんの少しだけ寒さも和らいでいたような。
というわけで、いつもなら本番前のこの時期マスクは必須アイテムなのですが、直に冬の空気を吸い込んでみたくて、マスクを外して深呼吸。
……本番当日ワタシが共倒れていたらこのせいだと思ってください(汗)。
 
そうそう、突然ですがお知らせでーす。
ちょくちょくライヴに足を運んでくださる大切なお客様(笑)・たけださとし氏が定期的に配信しているポッドキャスティング番組、「たけださとしの歌のフリーマーケット」にて、なんとわたくし最大の問題作(笑)「満月の夜においで」がOAされております。。。なぜこの選曲。。。(笑)
しかも、今回ゲストで出演されている方に、「カバーしてみませんか」という無謀な提案(笑)をしてくださっている、という本人でさえ信じ難い展開が繰り広げられております……。お時間に余裕のあるときにでも、是非ご一聴のほど☆ みゆきさんの某曲を完全リスペクト(笑)したサウンドにもご注目あれ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.10

舞台はいま見てるすべて。

アコースティック系で、癒し系で、低燃費系でビュンビュン系(それは違う)なsolaさんも、意外と思われそうな音楽なんかも聴いちゃったりするのよ。こないだなんかPerfume買っちゃったもんねーっ。自慢か。
 
そんなわけで、久々に寄った新宿タワレコで、実は今日いちばん気になったのはBRAHMAN。彼らって紹介されるときのキーワードに、「ハードコア」だの「パンク」だのに混じって必ず「民族音楽」があって、どんな音のバンドなのか、ずーーーっと気になっていたのです。なるほどコレはカッコいい。ていうかヴォーカルの人の凛々しさが尋常ではない。なんですかこの眼は。なんというか、この人の音楽は信用できる気がしました。僕の好みにストレートか、というとちょっと違ったのが残念でしたが。でもCD買っちゃった(笑)。
 
「Living Together Lounge」で撮影したビデオを観ているうちに、僕は今更ながらたくさんの発見をしたのです。僕がただ正面を向いてうたっている間に、MCでいっぱいいっぱいになっている間に、後ろでサポートのみんながどんな風に演奏していてくれたか、ということを。目を閉じながら、アイコンタクトをとりながら、笑いながら、浸りながら、たかが僕の音楽を支えるために、ものすごい力を注いでくれている。
今までの全てのライヴにおいて、僕は彼らの力なしではうたえなかったし、そのことは十分わかっているつもりでいたけれど、こうやって映像を観て初めて気付くことだらけであるということは、やっぱりただの「つもり」にすぎなかったんだと思う。
こーんなに、いろいろ、ステキなことをしてくれていたんだなあ。
 
スタジオで練習しているときの最近の定番は、みんなでスタジオの中心を向いて、全員目を合わせられる形での演奏で、僕はこのスタイルがとてもうたいやすいのですね。さすがに本番でコレをやるにはお客さんに背を向けることになってしまうので、なかなかフツーのライヴでは難しいものがありますが、次のライヴでは、背中にも目や耳があるつもりで、もっとみんなの音に揺られながらうたいたいな、と思ったのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.04

ハミングライフ、もしくは「Living Together Lounge」御来場多謝。

結局最初から最後まで雪が止まない中での開催となりましたが、こんな雪の中、挫けずに足を運んでくださった方で、まさかArcHがいっぱいになるなんて。改めて、このイベントがこんなに長く続いている理由や意味、そして重みが、僕にもわかったような気がしました。
 
というわけで、2008年初ライヴ、「Living Together Lounge Vol.38」無事終了いたしましたー。ご来場頂いた方々、応援してくださった方々、 スタッフの方々、共演者の方々、いつもありがとうのteam 共倒れのみなさま、そしてこんな素敵なイベントに出演させてくださったちょーーさん。本当にどうもありがとうございました! 「ソラニワ」の失態(汗)から早ひと月半、未だ風邪完治せずの有様ながら、どうにか最初から最後までそこそこうたい終えることができました。そこそこかよ。
「夕暮れ時のグッタイム」のお手伝いが少しでもできていたならいいなあ。
 
ゲイ・ミュージシャンとしてコミュニティにかかわっていくこと、が最近の僕の命題(?)のひとつだったりするのですが、そんな中、かねてからの念願だったこのイベントに出演することができたのは、本当に嬉しくて、かつ責任重大な出来事でもありました。そのあたりの気合いは全てMCと朗読にこめてみたつもりなのですが、おかげできっと相当にタイムオーバーしていた筈……(汗)。すみませぬ。
他の朗読のみなさんは、それぞれの経験が朗読にはっきりとこめられていて、どれも心にすっと沁みてくるようなことばたちでした。あんな風に僕も何かを伝えられていればいいのだけれど。
 
今回の出演にあたって、実はちょーーさんからリクエストを戴いておりまして、その曲がなんと、GOING UNDER GROUND「ハミングライフ」。自分では思いもつかない選曲でありました。「この曲なんだけど」とaktaでちょーーさんに聴かせてもらったときは、めちゃめちゃ難しそうな曲でできるかどうか非常に不安だったのですが、何度も繰り返し聴いているうちに、このフレーズがとてもひっかかって。

一斉に前を向いて歩き出した交差点の/隅っこで誰かに会いたくなる/だけどぼくは歌うよ/ひとりぼっちで見つけていくしかない希望を

「ひとりぼっちで見つけていくしかない希望」ってなんだろう?
そうこうしているうちに、この曲の醸し出す空気がとても好きになって、この曲に呼ばれるかのように今回朗読した手記に巡り会って、いつしか今回のセットリストから外せない1曲になったのでした。なのによりによってこの曲に限って歌詞を間違え(ひぃ。ごめんなさい)、口惜しい限りではあるのですが、このうたに出会えてよかったな。
ちょーーさん、おしえてくれてありがとう。
 
もうひとつ、今回のsola的トピックスとしましては、なんと! ケンハモを買い替えましたー。にまんえんもするプロ仕様(?)のメロディオンでーす☆ 本番で使うのは正味30秒程度(笑)なので、いささか勇気も要ったのですが、いやあ、さすが高いだけあるね。全然違うね、音。我ながらびっくり。solaさんの拙さを隠して余りある(笑)音色でありました。
 
■SET LIST
1. ぼくがつくった愛のうた
2. ソラニワ
 〜朗読〜
3. ハミングライフ(GOING UNDER GROUND)
4. beautiful
 
 
さてさて、お次は2/15でございます!
ここで油断して共倒れないように気をつけなくちゃ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2008 | Main | March 2008 »