« November 2007 | Main | January 2008 »

2007.12.31

回顧録2007。

いつもいつもせわしなく日々が過ぎてしまうのだから、せめて大晦日くらいのんびりと迎えたいものだと毎年毎年思ってはおりますが、そんなことができるくらいならそもそも日々がせわしなく過ぎないのよね。わっはっは。気付くの遅すぎ。
 
というわけで、年賀状の印刷はおろかデザインさえもさっぱり決まらぬまま、今年も紅白歌合戦が始まってしまいましたですよ。実は巷で流行っていたことだけは知っている「どんだけぇ〜」、さっきの「さそり座の女2007」(ねえ、毎年こんな選曲じゃない?)で初めてIKKOさんが口にしているのを拝見したのでありました。いやー、最近深夜にならないとTV観ないからさ。TVの流行に本気で疎くて。ちなみにIKKOさんご本人は結構好きですが、今回は出ずに裏方に徹する方がスマートだったんじゃないかなー。
 
 
初めての大阪で粉もんまみれになった1月。
初めて相方氏と僕の地元へドライブに出かけた2月。
二回目の大阪で再び粉もんまみれになった3月。
高円寺ライヴでスウェーデン人と交流を図った(?)4月。
初めてYouTubeに動画がアップされた(笑)5月。
温泉で異国の方のうたう「千の風になって」をムリヤリ聴かされた6月。
思いがけない訃報を耳にした7月。
最後までうたえなかった8月。
初めての浅草でドーナツ食べて帰ってきた(笑)9月。
三回目の大阪でまたまた粉もんまみれになった10月。
またしても思いがけない訃報を耳にした11月。
そして「ソラニワ」の12月……………。
 
今年もいろいろなことがありました。
ライヴは5本と少々控えめでしたが、それぞれに全力を尽くしたつもりですんで、それぞれに意味のあるものになったのではないかな?と思っております。そして、出会いがあれば別れもあるということを実感せざるを得ない出来事が、二度も訪れた年でもありました。
僕が望むことは、いつでもひとつだけです。
あなたの笑顔が明日も変わらずありますように。
 
 
さてさて。
僕は「良いお年を」というこの時期ならではの挨拶がとても好きです。いつも誰かと交わす挨拶にひとこと添えて、今年がいい一年だった人にも、そうでもなかった人にも、「来年はいい一年になるといいね」という気持ちがさりげなくこめられる、素敵なことばだと思うのです。
明日からまたしばらく聴けなくなってしまう挨拶だけれど、
最後にこれを読んでくださっているみなさまへ。
どうか、良いお年をお迎えください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.12.27

こんにちは、大御所です。

以前から度々僕のCDやライヴのレビューを書いてくれている藤嶋貴樹氏が、彼のブログにて「ソラニワ」のレビューを書いてくれております。
声もろくに出ないようなライヴをやらかしたわたくし、彼が聴きに来てくれていることはわかっていたので、「うわー、こりゃ後でナニ書かれるかわかったもんじゃねーよー(笑)」とそりゃもうびくびくしながら夜な夜な咳き込んでいたわけですが(関係ない)、どんなコト書いて頂いているか、は、是非直接ご覧くださいませ。
http://queermusicexperience.blog10.fc2.com/blog-entry-187.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.12.25

しのぐということ。

普通、ライヴが終わって1週間も経てば、「すっかり元気になりました、ご心配をおかけしてすみません」てなご挨拶を期待されるところでしょうが、そうはいかないのがsolaさん。むしろ先週以上に咳はひどくなるばかりですが何か!!!!!(ヤケ) team 共倒れのみなさまは今頃お元気にお過ごしなのかしら……。
 
さて、23日は中村中インストアライヴ@新宿タワレコに行ってまいりました。前日までの雨がギリギリあがって晴れ間も覗いてくれたものの、10階建てのビルの屋上はさすがに寒かったよ。風も強かったよ。ていうかココ、全然「イベントスペース」じゃねえじゃんかよーーっ。もうホント、洗濯物とか干してあっても違和感ないくらいにただの「屋上」。渋谷タワレコ的なライヴスペースを想像していたワタシが甘かったのか。。。そんなせいもあったのか(?)、中村さん声の調子がイマイチだったご様子で。それでも最後まで声もひっくり返らず咳き込みもせずうたい切るところは、さすがsolaさんとは違うね!(当たり前)
 
終了後、「ソラニワ」以来の藤本大祐くんと束の間のご対面を果たし、相方氏とわたくしはその足でなぜか一路、さいたま新都心へ……………。目的はといえば、一昨年以来の中西圭三のこれまたインストアライヴ(笑)。初の「コクーン新都心」はもっとどでかい施設を想像していたのですが、意外とこじんまりとしていて歩き疲れない広さがかえってよかったです(笑)。んでもってこちらもライヴ会場は外……なぜ冬なのに外なんだどこもかしこも。だからかどうかは知りませぬが、中西さんも声の調子がイマイチだったご様子で、中村さん以上に全然高い音がうたえておりませんでしたが、ご本人全然オッケーらしく(笑)、和気あいあいの雰囲気でライヴは終了。相変わらず「Timing」や「Choo Choo Train」を振り付きでうたったり、最近「おかあさんといっしょ」(!)に書き下ろしたらしい、「ぼよよん行進曲」とかいう完全にお子様向けの曲をやったり(確かになかなかいい曲だったのですが、♪ぼよよよーん はねえだろ)、と、芸風がイマイチ定まらない雰囲気だったからか、チラシに「あの『Woman』の」みたいにさんざん書かれていたにもかかわらず、最後の最後まで「Woman」完全無視(笑)。ううむ、ミュージシャン人生いろいろ。
 
プロたるもの、体調が悪かろうが声が出なかろうが、それでもどーにかしてステージを務めてナンボ、なのでしょうが、この日、それぞれに「本調子でない」ライヴをたまたま体験して、僕はそういえば「えー」「カネ返せ」的なことは一切考えずに聴いてました。や、インストアライヴだからタダだし、という理由ではなく(笑)。曲作りとか、仕事とか、なんでもそういうことはあると思うのですが、調子がイマイチ出ないときにいかに「しのぐ」か、ということって、誰でも身に覚えがあると思うんですよね。とりあえずこの場を乗り切らなければいけない、かといってテキトーに済ませるわけにもいかない、みたいなとき、どうやって「それ」をクリアするか。その姿を見せてもらうことだけで、たぶん僕は満足できたんだと思うのです。中村さんも中西さんも、さすがの「しのぎ方」だったし。勿論、だからといって自分の先週の失態を正当化するわけではないけれど、そういうのも「ライヴ」なんだな、ということを、今回は非常に勉強になりましたわたくし。だってね、うまくいった演奏を聴かせたいだけならCD流せばいいんだもんね。CD、ないけどねー(笑)。
 
 
そんなこんなでクリスマスですよ。今年は相方氏が仕事、僕は2年連続だったクリスマス・ライヴもなく(笑)、数年ぶりにイヴをのーんびりとひとりで過ごしておりますですよ。ま、そっちの方が「歴」が長いので慣れたもんですがね(汗)。買い物して、温泉行って、マッサージ行って、癒され三昧。「明石家サンタ」を観終わったら一眠りして、明日はフツーにお仕事です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.12.20

まだまだ「ソラニワ」後遺症。

けんけん氏が先日のライヴから新曲「ソラニワ」の動画を彼のmixi日記にアップしてくれまして、こわごわ観てみたのですが、いやー、思いのほかヴォーカルがものすごい(汗)。声が出なかっただけじゃなくてピッチも相当ヤバかったのねー。とほほ。なのに、全体的な仕上がりとしてはそこそこ聴けちゃうのが不思議なところで。えも言われぬテンションというか、妙な気迫が全体的に漂っておりまして、ついつい最後まで観てしまう(ホラー映画かなんかかよ)シロモノでありました。画質・音質が適度に粗いおかげでアラも適度に隠れてくれていたのですが、この日のために自分で買ったビデオカメラで撮った映像をちょこっと観たら愕然。絵も音もそりゃもうヤバいくらいに鮮明(笑)。このまま封印か……(笑)。
 
というわけで、まだまだ「ソラニワ」気分から復活できずじまい、風邪からも勿論復活できずじまい、のsolaでございます。ども。だもんで、思いつくままに裏話。
 
■絶対にやると決めていた「パンフレット作り」「バックステージパス代わりのバッジ作り」は達成できたのですが、残念ながら(?)準備が間に合わなかったものも多数ありまして。「ソラニワスタンプカード」「開演前のBGMを自分で選曲」「陰アナ(開演前のアナウンス)をあらかじめ録っておいて流す」……などなど。スタンプカードは次回こそ絶対に作ります(笑)。
 
■ライヴの1曲目に「ララバイ」を演ったのは、がんすけさんと初対面の日に初めて褒めてもらった曲だったから、だったのでした実は。
 
■今回初めてライヴでの披露となったのが「満月の夜においで」。イントロとアウトロでモールス信号が流れるアレンジだったので、急遽がる蔵氏にカリンバを拝借して、にわか仕込みでモールス生打ちにチャレンジ。耳をすますとほのかに聴こえる、程度でよかったのですが、ビデオを見返したらめちゃめちゃでけえでやんの。もっとマイクから離せばよかった。ちなみに打っていた文字は「C Q C Q」です。
 
■「ソラニワ」では、僕がこれまでいろいろなところで巡り会ったLGBTミュージシャンのカバーをしよう、という勝手なリスペクト企画を立てまして。記念すべき一組目としてとんちピクルスさんの曲を選ばせていただきました。これがえらく評判がよくてですね(自分の曲よりも評判がいいのがちょっと複雑ですが。笑)、動画をアップしてお聴かせしたいほどなのですが、間奏でわたくしが派手にアンデスをミスっているので(汗)、このままお蔵入りかもしれませぬ。。。次回は体育Cutsさんをカバーします。うそです。
 
■ラストの曲「ソラニワ」が終わった後の鳴り止まなかった拍手に感動して危うく泣く寸前だったのですが、その後出演者をステージに呼んで大吾ちゃんのサプライズをやって……云々とか考えつつ早く締めの挨拶をしなきゃしなきゃ、とまるで拍手を遮るかのように事務的に喋り出す自分、がビデオに残っていて凹みました。。。空気読めよ自分。。。
 
そんなこんなで、まだまだ決算とビデオ編集が残っているのですが、未だに咳が止まらないsolaさん、作業は遅々としか進まないものと思われます(だってビデオのデータ取り込みだけで4時間近くかかってるんだもん)。関係各位、もう少々お待ちくだされ。申し訳ありませぬ。
 
あ、そうそう、詳細はまた改めてお知らせいたしますが、次回ライヴは2月に2週連続でございます。
 
2008/2/3(日)17:00〜20:00
Living Together Lounge @新宿・club ArcH
 
2008/2/15(金)open 18:00 / start 18:30
風太郎presents「人生は、最高で、最悪で、音楽で。」@渋谷・TAKE OFF 7
 
念願かなっての「Living Together Lounge」と、「ソラニワ」フライヤー写真のカメラマン・トラくんの主催イベントです。
2008年も起死回生でうたってまいりますんで、どうぞよろしくお願いしますね。
 
 
★ここから下は一部ネタバレありよん↓★
日曜日にはみゆきさん@東京国際フォーラムへ行ってまいりました。日替わりメニューが大阪とは違うラインアップになっていて、これで2パターン両方制覇できたのでご満悦。それにしても改めて今回のセットリストの出し惜しみのなさにはびっくり。特にみゆきさんが吉田拓郎をカバーするという非常に珍しい試みだった「唇をかみしめて」から「ファイト!」になだれ込むところといったら! もう暫くは聴けないだろうと思っていただけあって、「♪あたし中卒やからね……」とうたい出されただけで泣きましたよ。今もあの「ファイト!」を思い出すだけでこみあげてくるものがあります。
こういう音楽は、信用できるなあ。
こういう音楽を、つくりたいなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.12.17

「ソラニワ」御来場多謝。

初プロデュース・イベント「ソラニワ」vol.1、盛況のうちに終了いたしました。ご来場頂いた皆様、共演者の皆様、スタッフの皆様、応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。もしも足を運んでくださった方々が少しでも楽しんで頂けたのであれば、共演者やスタッフの方々の尽力のおかげにほかなりません。この日が誕生日だった大吾ちゃんをサプライズでお祝いもできたしね。記念すべき第1回に出演してくれた、SEKI-NEくん、大吾ちゃん、藤本くん、素敵なステージをどうもありがとう。ほとんど舞台裏からでしか聴けなくてごめんなさい。
 
 
非常に個人的なことではありますが、以前から崩している体調が全く復活しないまま本番当日を迎えることになり、せっかくご来場頂いた方にろくにご挨拶もできなかっただけでなく(楽屋で立ち上がることもできないままずっと味噌汁(!)を啜ってました)、自分のステージにおいてもろくに声が出ないという体たらくで、満足いく演奏をお聴かせできなかったことは、悔やんでも悔やみきれません。
ここまで「うたえない」ライヴはさすがに初めてでした。
仮にも自分の名前を掲げたイベントだったくせにね。
これが2007年うたい納めのライヴだったくせにね。
本当に、申し訳ありませんでした。
 
このリベンジは次回に必ず、と思ってはおりますが、今回いらしてくださった方が必ずしも次にお越し頂けるとは限らないわけで、言い訳できないことをしてしまったと痛感してもおります。
 
僕はバンドで音楽活動をしているわけではないので、僕の声が出ない=極端な話価値ゼロ、なわけですが、そんな状態の僕を黙って見守りつつサポートしてくれたメンバーに、どれだけ心強く支えられたかわかりません。たむさん、けんけん、がる蔵くん、どうもありがとう。ご迷惑おかけしました。
 
今回ろくにうたえなかった「満月」も「beautiful」も「ソラニワ」も、もうちょっとマシにお届けできるよう、これからも精進してまいります。これをひとつの糧だと思い込むことにして、2008年も懲りずにうたっていきたいと思っておりますので、もしもまだおつきあい頂けるようであれば、引き続きよろしくお願いいたします。
 
 
■SET LIST
1. ララバイ
2. 君の名を呼ぶ
3. 満月の夜においで
4. 夢の中でないた(とんちピクルス)
5. 祈りのうた
6. beautiful
7. ソラニワ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.12.15

集え、くちびるにうたたずさえて。

24時間後にはもう終わっちゃってるんだなあ、なんてヘンな感慨に浸りつつ、明日の準備をやっと終えました。
 
縋れるものには手当り次第に縋ってみましたが、気合いだけではなかなか体調をコントロールできないものなのですね。
 
でも、
誰もお願いしてないのにイベント告知の日記を書いてくれたり、
誰もお願いしてないのにフライヤー画像をプロフの写真にしてくれたり、
誰もお願いしてないのに「明日頑張ってね」とメールを送ってくれたり、
そんな些細なことが僕をどうにかここまで支えてくれているんだよ。
何もあげられないのに、何の得もないのに、うれしいね。
 
せめてものお返しに、明日のライヴが楽しいひとときになりますように。
足を運んでくださる方が、お気に入りの1曲を見つけてくれますように。
 
明日晴れますように。
 
新曲「ソラニワ」ができました。自画自賛ですが、いい曲ですよ。
 
 
かみさま。
ことしさいごのおねがいです。
あした、ねつがでてもちをはいてもかまいませんから、
せめてこえだけはうばわないでね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.12.06

剥げた心を指差して。

この時期次のライヴでやる曲以外を聴くのはホントーにヤバいのですが、これだけは聴かずにおれませんでしょ、というわけで、本日ゲットいたしました中村中「私を抱いて下さい」をPLAY中。時間が数十年戻ってしまったかのような70年代の香りがムンムンであります。1stよりは地味な印象ではありますが、じっくり聴けそうなアルバムですよ。僕は「ロック・バンド」が好きかな。とりあえず、一周聴いたら本番が終わるまでガマンです。。。
 
さて、「ソラニワ」も終わらぬうちにその次のお話をしてしまうわたくし。
えー、先日ちょこっと書いてた次回ライヴ予定でございますが、このたび、2月に2本内定いたしましたー。ずっと前からいつか出演できたらと思っていたイベントと、まさかココに出られることになるとはと思っていたライヴハウスとの二本立て! 詳細は改めてご連絡いたしますんで、しばしお待ちくださいませ。ああもう、うれしい年明けになりそうですよ。はい。
 
そんなわけで、風邪がどう贔屓目に(?)考えても絶賛進行中につき、本日はこれにてシツレイイタシマス。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2007 | Main | January 2008 »